BoYata PCスタンド開封レビュー!無駄のないシンプルなデザインが美しい

最終更新日

最近のリモートワーク推奨で筆者も自宅で働く時間が長くなってきました。

もともと家でPCを長時間触るつもりもなく、長くとも2~3時間でしたのでソファでくつろぎながら作業していました。

しかし、1日に8時間PCを触るとなると話は変わってきます。最近はデスク+スツールで半日作業、ソファで半日作業という日々が続いていましたが、まだまだこの状況は続きそうです。さすがに姿勢が悪くなり、腰への負担が否めないため、デスク環境の改善に取り掛かりました。

家に外部ディスプレイは置いておらず、外付けキーボード(HHKB)を使っているため、13.3インチのMacBook Proをメインディスプレイとして使用しなければいけません。

これまでは、なるべく目線の高さに合うように本を積んでその上にMacを乗せていましたが、微妙に高さが合わず腰が丸まっていることを実感していました。

HHKBに関する記事一覧

1. BoYataとは?

そこで机の上をスッキリさせること、なるべく目線に近い高さのPCスタンドを探していたところ、今回紹介する「BoYata」をAmazon・楽天で見つけました。

おそらく、中国系のブランドだと思います。Amazonではおよそ300件ほどレビューが記録されていました。(個人的に最近のAmazonのレビューはあまり信用しておりません。中国系のブランドはあまりにもレビュー数が多すぎる気がします。)

しかし楽天の方で「雑誌an・anに掲載」という宣伝文句を見かけ、最終的には大丈夫だろうと判断し購入に至りました。

2. 購入の決め手

購入に至ったポイントは以下の3点です。

ポイント

  1. 折り畳み可能(コンパクトに収納可能)
  2. デザイン(見た目・脚)
  3. 高さ

3. いざ開封

化粧箱のまま、何も梱包されず宅配ボックスに入れられていました。私はあまり気にしませんが、化粧箱含めて商品と考えると少し雑な印象を受けます。

中身は至ってシンプルで、そのままスタンドが梱包されています。

4. ファーストインプレッション

早速、机の上の本を片付けて、こちらのスタンドを使ってみました。

耐荷重20kgとあるように頑丈な造りで、PCを乗せるためにアームを調整しましたが、なかなかの力が必要でした。

しかし、その分1.5kgほどのMacbook Pro 13インチを乗せても全く問題なく、良い安定感です。

普段の利用風景

実際のところ、使うたびに折り畳んでしまっておくことはしないと思います。デザイン的に、デスクの外観を散らかさないことと、毎回アームの調整をすることが面倒だからです。

購入の決め手にもなったポイントの「高さ」ですが、最大27cmまで調節できるため、キーボードと外付けトラックパッドを利用することで姿勢をキープして作業することができます。

これで長時間作業をしても腰が痛くなることも少なくなることが期待できます。実際に半日この状態で作業し、この記事を執筆していますが、これよりも低い本で作った土台に比べて格段に姿勢が改善されました。

思ったよりも良い仕上がり

価格が4,000円ということもあり、多少仕上がりの良さを期待していたところですが、価格以上に良い質感・仕上がりでした。

決して安くはない買い物でしたが、仕事の効率化・姿勢の改善に投資したと考えると良い買い物ができたと思います。

ちなみに、「BoYata」には2種類のスタンドが販売されており、私は滑り止めラバーが平行に2本入っているモデルを選択しました。

人間工学設計 無段階高さ調整可能 姿勢改善 腰痛/猫背解消 折りたたみ式 滑り止め アルミ合金製 優れた放熱性 軽量 Macbook Air/Macbook Pro/iPad Pro/Notebooksなど17.3インチまでに対応
高さ/角度調整可能 姿勢改善 腰痛/猫背解消 折りたたみ式 ノートPCスタンド 滑り止め アルミ合金製 ホルダー 軽量 BST-10(シルバー)