「Aer」Day Packレビュー!2年間使用中の筆者が気に入ったポイントを紹介

最終更新日

Aer」というブランドをご存知でしょうか。

近年、セレクトショップでも取り扱いが多くなってきたため店頭で目にする機会も多いのではないでしょうか?

2014年にアメリカのクラウドファンディングKickstarterよりスタートしたサンフランシスコを拠点とするバッグブランド

取り扱うバッグは一貫してシンプルなデザインが多いですが、用途に合わせた幅広いコレクションを揃えているため、幅広い層の方に人気のあるブランドのイメージです。

本記事では、その中の「Work Collection」というモバイルガジェットを多く取り扱う必要のあるブロフェッショナルな方向けに展開されたバッグであり、私がおよそ2年前に購入した「Day Pack」を紹介します。

下記は「Work Collection」の公式プロモーション映像です。15秒ほどの短い動画ですので、お気軽にご覧ください。

引用)Aer公式サイト
注意!!本記事執筆時すでにアップグレード版
Day Pack 2」という新商品が発売開始されております。
本記事で取り扱うのは前身の「Day Pack」です。
(エアー) Aer バックパック DAY PACK 2

本記事では、4つのお気に入りポイントについて紹介していきます。飽き性の私が2年愛用しているバッグですので、こちらが気になった方はぜひ参考にしてみてください。

1. ミニマルなデザイン

外観に関して、一言で表すとしたら「シンプル」でしょう。ガジェット系のバッグにありがちなゴチャゴチャした要素は一切排除された、無駄のないデザインです。

デザイン自体に関しては好みが別れるところではあると思いますが、変にデザイン性のあるバッグよりも飽きのこないデザインで気に入っています。

後ろ側は何もポケットなどなく、前も横ブレ防止用のロックがついているだけで、それ以外は何の装飾もありません。

2. 使い勝手の良さ

続いて、使い勝手の良さです。

使い勝手の良さは主に以下の4点です。

使い勝手の良さ

  1. 上部に設けられたボケット口
  2. 容量「15L」で一泊もOK
  3. 小さなポケットに仕切られたコンパートメント
  4. YKKジップ採用

上部に設けられたポケット

まずは、このバッグの一番のお気に入りポイントといっても過言ではないでしょう。

こちらの上部に設けられたポケット口が便利すぎて、他のバッグを使う気になれません(笑)

こちらのポケットには、社員証・ワイヤレスイヤホン・フリスク・予備のコンタクトなど、「細々としていてカバンのポケットに入れておくとなかなか見つからないもの」をしまっておきます。

他のバッグと異なる点は、圧倒的な「視認性・アクセス性」の高さです!!

上部についていることから、バッグ内部に設けられたポケットと違い、明るい環境下で中身を確認できるため、すぐに欲しいものが見つけられます。

また、上についているのがポイントで、混雑した電車など狭い空間であっても、バッグを前に持ってきたときにすぐにアクセスすることができます。

底もちょうど良い深さのため、小さなものが奥の方に埋まってしまったとしても、すぐに探し出すことが可能です。

15L容量で一泊までOK

私のような男性で荷物の少ない方であれば、これだけで一泊くらいなら可能でしょう。一見、ものすごく薄く見えるのですが、中は意外と物が入ります。衣類など変形できる物であればそこそこの量を詰めることが可能です。

引用)Aer公式サイトより

小さく仕切られたコンパートメント

こちらは、公式サイトの画像からもわかるように、ペンやサングラス、充電器などを1つ1つ収納できるポケットが設けられているため、適当にポケットに分類するだけで整理整頓できてしまいます!

YKKジップ採用

この点も非常に気に入っています。あまり使い心地を考えていないバッグだと開け閉めさえ快適にできないこともザラにありますが、こちらは大きめのYKKジップを採用しているため、どんな体勢・角度からでもストレスなく開け閉めができるように設計されています。

ファスナー自体にも、オリジナルロゴの入ったつまみが装着されておりこの点もより快適さを向上させてくれます。

3.耐久性・耐水性

続いてのポイントは耐久性耐水性です。

耐久性については、「1680デニールCordura®バリスティックナイロン」を使用しているためかなり丈夫な作りになっています。

2年間ラフに扱ってしまっていますが、外側のナイロン部分は全く破損や傷などありません。

また、表地に採用されているカーボン系のコーティングが水を弾く仕様になっているのでしょうか、雨に強く降られても中が濡れていたことは全くありませんでした。

4. 背負い心地

背負心地もかなり良いです。

ショルダー部分のパッドが厚くなっていることも関係していると思いますが、そもそもの構造的に「」で肩に負担がかからないように設計されているような気がします。

PCや本など比較的重いものを持ち歩いている筆者ですが、他のバッグパックよりもDay Packのほうが軽く感じます。

肩に対して「面」支えられているからか、負担が小さいのかもしれません。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

新しくバッグを探している方には是非おすすめのバッグ「Aer Day Pack」なのですが、冒頭で述べたようにアップグレード版の「Aer Day Pack 2」が日本でも取り扱いが開始しました。

主な更新は、以下の2点です。

  1. バッグのサイドにボトルホルダーの追加
  2. 背面部分にスーツケースへ固定できるバンドの追加
(エアー) Aer バックパック DAY PACK 2